アラサー(20代、30代)があらゆる手段(婚活パーティー、ペアーズ、ミクシィ、エクシオ、パーティーパーティー、恋工房、兵庫出会いサポートセンター)を講じて婚活に挑戦している体験談です。地域は姫路・加古川・芦屋・尼崎・宝塚・伊丹・川西・三田、明石、兵庫県、神戸等です。

ひょうご出会いサポートセンター異性の検索方法体験談 その@

スポンサーリンク

 登録が終わり、いよいよ兵庫出会いサポートセンターでの婚活が始まります。早速、女性のデータを閲覧しに行くために、閲覧の予約を電話でしてみました。
 俺「閲覧の予約をしたいんですが。」 神戸出会いサポートセンターの人「お名前と会員番号を教えてください。」
 「えっ、会員番号??」「なんだ、それは?」 そういえば、登録が終わった後にセンターの人にもらった会員カードに書いていたような書いていなかったような気がしました。とりあえず、今は会社の昼休み中なので、カードは手元にはありません…。
 俺「○○(氏名)です。会員番号は今はちょっと外に出てますのでわかりません。」 センター「そうですか。会員番号がないと、ちょっと予約はできません。」 俺「そうですか。失礼します。」

スポンサーリンク

 なんてこった。閲覧の予約ができないではないか。さらに、神戸出会いサポートセンターは6時までですので(今は時間伸びてるかな?)、別の日に電話をかけないとだめな感じです。
 「どうせ、予約ができないなら、名前を聞く意味あるんかいな…。」と落ち込みながらも、気を取り直して、後日電話してみました。
俺「○○といいますが、閲覧の予約をしたいです。会員番号は○○です。」  センター「いつの閲覧をご希望ですか。」 俺「仕事がありますので、土曜日の空いている日でお願いします。」 センター「土曜日はいっぱいやから、空いている日は、○日(3週間後)の○時ですねー。」
 おいおいまじかよ!?3週間もあくのか!? 続く

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加